ごあいさつ

植田忠司 写真

昭和46年に法曹の道へ入って以来、複雑に絡み合った問題であっても、常にご依頼者様に
寄り添いながら、よりベストな解決に向けて誠実に対応してまいりました。
相続・遺言、交通事故問題や離婚問題といった身近なお困りごと、お悩みごとはもちろん、
刑事事件や債務整理、企業法務などのご相談にもしっかりとお応えいたします。
どんな困りごとや悩みごとであっても、一人で抱え込まずに、いつでも気軽にご相談ください。

植田法律事務所
弁護士植田忠司

プロフィール

植田忠司 著書

昭和19年
広島県尾道市に生まれる
昭和38年
広島県立尾道商業高校卒業
昭和42年
早稲田大学第一法学部卒業
昭和43年
司法試験合格
昭和44年
最高裁判所附属司法研修所入所
昭和46年
同所卒業、法務省検事に任官。大阪地方検察庁に配属される
昭和47年
鳥取地方検察庁に配属される
昭和49年
広島地方検察庁尾道支部に配属される
昭和50年
依頼により検事を退官。岡山県笠岡市にて弁護士を開業し、法律事務所開設
昭和51年
法律事務所を広島県尾道市に移設
昭和58年
事務所を東京都港区赤坂に移設(第一東京弁護士会)
平成18年
事務所を埼玉県上尾市に移設(埼玉弁護士会)
平成24年
自己都合により弁護士業務を引退
平成28年
郷里である尾道市で弁護士再登録(広島弁護士会)
法律事務所開設
平成29年
海事補佐人登録

〈中小企業の皆様へ〉

新型コロナウイルス感染症による影響で、事業活動継続に不安を感じていらっしゃる経営者の皆様へ向けて、
8 名の弁護士と日本政策金融公庫からの様々なアドバイス動画が
日弁連公式動画『N I C H I B E N R E N T V 』にアップしてあります。
これらの動画には皆様に向けた大きなエールがつまっています。
ぜひご覧いただき、諦めずに元気を出してください! 健闘してください!
内容にご不明な点がありましたら、当法律事務所にご連絡ください。
皆様のご相談に真摯に向き合ってまいります。

“がんばれ、中小企業!!”

業務内容

債務整理

〈債務整理〉

・過払金の請求
・借金の8割がカットされる民事再生手続き
・毎月の支払いが不可能になった場合の債務整理
・破産申立 など

企業法務

〈企業法務〉

・代表者の相談役
・リーガルチェック、契約書の作成
・債権の回収  ・事業継承の相談
・社内規則の整備(理念が必要)、
 従業員の管理、労働安全衛生 など

相続・遺言

〈相続・遺言〉

・遺言書の作成
・相続人の特定と相続分
・相続分割協議、または具体的な交渉 など

不動産トラブル

〈不動産トラブル〉

・売買、請負、修繕に関するトラブル
・入居者に退去してほしい
・滞納している家賃の請求
・新築、改築、修築に関するトラブル
(特に追加工事) など

刑事事件

〈刑事事件〉

・逮捕された、警察の拘束
・事件の早期解決
・勾留中の対応 など

離婚問題

〈離婚問題〉

・離婚をするかどうかについての相談
・慰謝料、財産分与、子どもの養育費について
・DV 被害を受けている
・婚約不履行 など

交通事故問題

〈交通事故問題〉

・交通事故に巻き込まれた
・相手との揉めごと、交渉
・保険会社との揉めごと、交渉
・損害賠償請求の提訴 など

消費者問題

〈消費者問題〉

・強引に契約させられた
・契約時と説明が違う
・高額な違約金の請求 など

料 金

〈相談料〉 30分ごとに5,500円(税込)

弁護士費用は、大きく分けて着手金成功報酬金に分かれます。

着手金 事件を受任するにあたり頂く金額で、事件が終了するまでの前払い費用的な契約金のことです。
成功報酬金 事件が無事に解決し、依頼者が一定の利益を得られたと考えられる場合には頂く金額です。
なお当事務所の報酬は、日本弁護士会の報酬基準(旧)を適用しております。

アクセス

TOPへ